ここだけの話、飲食店は他の業界よりも開業メリットが大きい

飲食店を開業したいけれど、調理経験がないから、自己資金が少ないから…と一歩を踏み出せないでいる方は、非常にもったいないことをしています。

よく勘違いされやすいのですが、飲食店は調理の経験や資格がなくても開業できます。さらに言えば、飲食業はほかの業界よりも儲けが大きく、起業すれば成功する可能性が高いのです。

『調理経験ゼロでもできる飲食店開業ナビ』では、ビジネスとして飲食店を開業しようと考えている方に向けて、知っていると得をするお役立ち情報を発信しています。飲食店の開業に興味のある方は、是非のぞいてみてください。

飲食店開業のメリットとは

【1】粗利益率が大きい

物販の場合、仕入れ値が8割を超えることも少なくありませんが、飲食店では利益率が6~7割に上ることも珍しくありません。メニューや業態によっては、仕入れ値が1割にも満たないというものもあります。

【2】価格競争になりにくい

飲食店の場合、ジャンルがさまざまなので、自分のお店の近くに別の飲食店があっても、売り上げが大きく左右されることはあまりありません。

【3】他店と差別化を図りやすい

同じような業態のお店であったとしても、メニューや店の雰囲気などで、容易に他店と差別化することができます。

【4】リピーターをつくりやすい

一度購入したらしばらく必要のない家電や家具とは違い、食事は毎日必要なものです。味や店の雰囲気がお客様に好まれれば、何度でも通ってもらえるので、リピーターが生まれやすい業種です。

【5】オリジナリティを出せる

すでにできあがっている商品を売る物販と比べて、材料を仕入れて自由に作り出す飲食店では、店のオリジナリティも出しやすく、他店にもマネされにくいものを提供できます。似たようなものを出せても、まったく同じものはできません。

【6】万引きの心配がない

物販のお店で大きなロスとなる万引きの被害も、飲食店では起こりません。

 

開業するなら「個人経営」か「フランチャイズ」か

レストラン、テイクアウト、宅配…飲食には様々な業態があります

これほどのメリットがあるなら、すぐにでも飲食店を開こう!と思った方、あと少しだけ聞いてください。

飲食店を開業するには、大きく分けてふたつの方法があるのです。ひとつは、すべて自分で考えて決める個人経営。もうひとつは、事業者本部から経営のノウハウを学び、サポートを受けられるフランチャイズです。

 

個人経営とフランチャイズの違い

  個人経営 フランチャイズ
資金 1,000万円~ 300万円~
メニュー
什器設備
すべて自分で考案・手配 本部により考案・開発されたメニューや標準化された什器備品を利用できる
人材 自分で調理経験を積むか、調理経験のある人を雇う 調理技術を必要としない業態を選ぶことも可能
時間 開店準備期間が長い、また初期投資を回収するまでに時間がかかる 個人経営と比べて比較的早く開業でき、初期投資の回収も早い
 

個人経営にはお金がかかりますし、何より、すべてを自分ひとりで決めなければなりません。それは、お店を持つことの醍醐味である一方、お店の将来を左右する重要な決定事項となるため、プレッシャーやストレスとなってのしかかってくることも。

お客様をひきつけるメニューやサービスを考案し、経営を安定させるまでには通常、かなりの時間がかかります。資金にそれほどの余裕がない方は、低予算・低リスクではじめられるフランチャイズ飲食店を開業するというのもひとつの選択です。

開業費用が安い!自由度が高い!いま注目のFC飲食店ランキング

 
 

 

免責事項
このサイトは、管理者が個人的に調査・収集した情報をもとに作成しています。このサイトで紹介しているフランチャイズ本部の詳細や加盟についての最新情報は、各社にお問い合わせいただくか、各社HPでご確認ください。